Excel Office スクリプト フォントの設定

2021年11月6日

Office スクリプトによるフォントの設定方法を紹介します。

使い方

フォント

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在のフォントを取得
let font = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getName();

// フォントを設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setName("設定フォント名");

フォントサイズ

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在のフォントサイズを取得
let fontSize = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getSize();

// フォントサイズを設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setSize(設定サイズ);

フォントカラー

次の構文で行います。(赤字は可変部分

カラーコードは16進トリプレット(HEX)で指定します。(カラーピッカー

// 現在のフォントカラーを取得
let fontColor = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getColor();

// フォントカラーを設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setColor(カラーコード);

太字

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在、太字かを取得
let bold = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getBold();

// 太字を設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setBold(true);

// 太字を解除
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setBold(false);

イタリック

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在、イタリックかを取得
let italic = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getItalic();

// イタリックを設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setItalic(true);

// イタリックを解除
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setItalic(false);

アンダーライン

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在のアンダーラインを取得
let underLine = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getUnderline();

// アンダーラインを設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setUnderline(線の種類);

線の種類は次の何れかより選択します。

設定値説明
ExcelScript.RangeUnderlineStyle.double二重線
ExcelScript.RangeUnderlineStyle.doubleAccountant二重線(会計)
ExcelScript.RangeUnderlineStyle.single単線
ExcelScript.RangeUnderlineStyle.singleAccountant単線(会計)
ExcelScript.RangeUnderlineStyle.noneなし(解除)

取り消し線

次の構文で行います。(赤字は可変部分

// 現在の取り消し線の有無を取得
let strikethrough = workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().getStrikethrough();

// 取り消し線を設定
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setStrikethrough(true);

// 取り消し線を解除
workbook.getWorksheet("シート").getRange("セルアドレス").getFormat().getFont().setStrikethrough(false);

Office スクリプトを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り700円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel Office スクリプトの記事一覧

Excel フォントとスタイルの変更方法