Power Automate Desktop「プロセスを終了する」アクション

2021年9月16日

指定アプリケーションを起動させるアクションですが、

可能な限りアプリケーションの機能で終了することを推奨します。

利用方法

「アクション」の「システム」より「プロセスを終了する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

プロセスの指定方法

指定方法と内容を指定します。

プロセス名

アプリケーションの名前を指定します。

候補が表示されるので、そこから閉じるアプリケーションを選択します。

プロセスID

IDを指定します。基本的な使い方ではプロセスIDを意識することはありません。

アプリケーションの実行」で生成された変数の「AppProcessId」を利用することが多いでしょう。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

記事一覧

「システム」の使い方の記事一覧