Power Automate Desktop「AESでテキストを暗号化する」アクション

2021年10月3日

秘密鍵方式のAESでテキストを暗号化するアクションです。

AESでテキストを解読する」アクションの対になる機能で、

機密性の高い情報をメールなどでやりとりする場合や、

共有フォルダなどに保存しておく場合に利用します。

利用方法

「アクション」の「暗号化」より「AESでテキストを暗号化する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

エンコード

暗号化対象の文字コードを指定します。

暗号化するテキストです

暗号化する対象のテキストを指定します。

暗号化キー

暗号化を解除(復号)するためのパスワードを指定します。

詳細

詳細プロパティでは暗号化の強度を指定します。

基本的には強度を高めるほど、暗号化と複合の長時間化や、利便性が低下が発生します。

暗号化する対象の重要度に合わせて、どの程度の強度で実施するかを検討する必要があります。

パディング

暗号化の結果に空きがある場合のパディング(埋める文字)を指定します。

なしとZerosが強度低めで他のものが高めの方式になります。

キーサイズ

ビット数が大きいほど、強度が高く、復号にかかる時間が長くなります。

saltを使用します・初期化ベクトルを使用します

利用するとsalt(ソルト)または初期化ベクトルを生成します。

どちらも復号する場合に必要で片方だけや両方の生成も可能です。

生成された変数

アクションの実行結果が格納されます。

EncryptedText

暗号化された結果のテキストが格納されます。

Salt

salt(ソルト) を使用している場合に、 salt(ソルト) が格納されます。

復号の際に必要になります。

InitializationVector

初期化ベクトルを使用している場合に、 初期化ベクトルが格納されます。

復号の際に必要になります。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「暗号化」の使い方の記事一覧