Power Automate Desktop「ファイルをハッシュ化する」アクション

任意のテキストファイルをハッシュ化するアクションです。

ハッシュ化したテキストは基本的には復号できないため、

一般的な業務ではハッシュ化を利用する機会は少ないと思われます。

利用方法

「アクション」の「暗号化」より「ファイルをハッシュ化する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

ハッシュアルゴリズム

ハッシュ化の強度を指定します。

数値が大きいアルゴリズムな程、高強度です。(=復号されてしまうリスクが低い)

エンコード

ハッシュ化対象の文字コードを指定します。

ハッシュ化するファイル

ハッシュ化対象のファイルを指定します。

ファイルのアイコンをクリックして固定のファイルパスを指定するか、

ファイル情報変数を使用します。

生成された変数

アクションの実行結果が格納されます。

HashedText

ハッシュ化された内容が格納されます。

関連記事

「暗号化」の使い方の記事一覧