Power Automate Desktop「マウスを待機する」アクション

マウスが指定の状態になるか、逆に元に戻ることを条件にフローを待機するアクションです。

アプリケーションの処理完了を待つ(アイコンが待機状態から戻る)や

テキスト入力可能な場所になどユーザがマウスを移動するのを待つような場合に

利用するケースが考えられます。

利用方法

「マウスとキーボード」の「マウスを待機する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

マウス ポインターが次に切り替わるのを待機します

条件を選択します。

設定値説明
次に変わる後述の「マウス ポインター」に変わるまで待機
無効になる後述の「マウス ポインター」から変わるまで待機

マウス ポインター

条件とするマウス状態(カーソル)を選択します。

Windowsのマウスのプロパティでどのカーソルかを確認できます。

設定値マウスのプロパティ
矢印通常の状態
アプリを開始していますバックグラウンドで作業中
クロス領域選択
ハンドリンクの選択
ヘルプヘルプの選択
Iビームテキスト選択
待機カーソル待ち状態

タイムアウト エラーで失敗しました

OFFの場合、時間制限なしに待機します。

ONの場合、時間制限として秒数を指定します。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

「マウスとキーボード」の使い方の記事一覧