Power Automate Desktop 数値(少数)の切り捨て・切り上げ・四捨五入の方法

数値(少数)の切り捨て・切り上げ・四捨五入の方法を紹介します。

手順

現状、使い勝手の良いアクションが少ないため

JavaScriptの実行」アクションを利用します。

利用するJavaScriptの各メソッドは小数点以下を整数に丸める機能です。

結果はテキスト型になりますが、式に組み込めば四則演算等の計算が可能です。

小数点以下の桁数に丸める場合は10の倍数で掛け算してからメソッドを利用し、

その結果をまた10の倍数で割り戻します。

四捨五入

JavaScriptのMath.roundメソッドを利用します。

WScript.StdOut.Write( Math.round(%数値%) )

切り捨て・切り上げ

以下のJavaScriptのMath.roundメソッドを利用します。

メソッド説明
Math.ceil切り上げ
Math.floor切り捨て(負数は小さい方の整数になる)
Math.trunc切り捨て(負数は大きい方の整数になる)
WScript.StdOut.Write( Math.ceil(%数値%) )
WScript.StdOut.Write( Math.floor(%数値%) )
WScript.StdOut.Write( Math.trunc(%数値%) )

floorとtruncは同じ切り捨てですが、負の数の時に結果が異なります。

数値floortrunc
4.544
-4.5-5-4

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧