Power Automate Desktop 偶数・奇数の判定方法

Power Automate Desktopで偶数・奇数を判定する方法を紹介します。

手順

フロー全体図

数値を2で割ったとき、余りが0になると偶数、余りが1になると奇数になることを利用します。

If」と「Else」を設置します。「If」には次のように設定します。

判定対象の数値変数の名前は任意ですが、%Num%としています。

modは割り算を行って余りを取得(剰余)する演算子です。

項目設定値
最初のオペランド%Num mod 2%
演算子と等しい(=)
2番目のオペランド0

If」の結果が真であれば偶数で、偽であれば奇数です。

2番目のオペランドを1にすると偶数・奇数の判定が逆になります。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧