Power Automate Desktop 「最後のエラーを取得」アクション

2021年12月のアップデートで追加されたアクションで、

複数のエラーが発生していてもフローを続行している場合、

最後に発生しているエラーの情報を取得するアクションです。

利用方法

「アクション」の「フローコントロール」より

「最後のエラーを取得」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

保存先

エラー情報を格納する変数です。

エラーを消去する

このアクションの実行時にエラー情報をリセットするかを指定します。

例えば「最後のエラーを取得」アクションを2つ続けて設置した場合、

(実用上は意味のない設置方法ですが)

チェックしていると2つめのアクションはエラーなしとなり、

チェックなしだと2つとも同じエラー情報になります。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,600ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

「フローコントロール」の使い方の記事一覧