Power Automate Desktop 「デスクトップ フローを実行」アクション

保存されているフローを実行するアクションです。

サブフローと似ていますが、主に次のように使い分けます。

デスクトップ フローを実行すでに保存されているフローを再利用する場合
サブフロー1つのフロー内で複数回、利用する一連のフローを再利用

利用方法

「アクション」の「フローを実行する」より

「デスクトップ フローを実行」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

Desktopフロー

実行可能なフローが一覧表示されるため、その中から選択します。

対象のフローに入出力変数がある場合、追加表示されます。

実行されるフローの入出力変数

実行される側のフローの変数パネルで設定します。

入力変数

項目説明
変数の種類入出力の方向です。変更不可
変数名変数名と同様のルールです。
実行される側のフロー内でこの名前で扱います。
データの種類String固定
規定値実行される側のフローを単独で実行した場合、
(パラメータが指定されない場合)の値です。
外部名実行元のフローで入力変数(パラメータ)として扱われる名前です。
説明変数の説明です。
機密情報としてマーク機密情報扱いとなり内容が確認できない状態になります。

出力変数

項目説明
変数の種類入出力の方向です。変更不可
変数名変数名と同様のルールです。
実行される側のフロー内でこの名前で扱います。
この変数の内容を更新すると生成された変数の内容に反映されます。
外部名実行元のフローで生成された変数として扱われる名前です。
基本的には変数名と同じでよいですが、
他のフローでも利用しがちな名前の場合、
実行される側のフローに関わる名前も含めておくと扱いやすくなります。
説明変数の説明です。
機密情報としてマーク 機密情報扱いとなり内容が確認できない状態になります。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

「フローを実行する」の使い方の記事一覧