Excel 任意の数式の累積計算を行うセル範囲を作成(SCAN関数)

SCAN関数は2022年2月にMicrosoft365(Office365)のExcelに追加された新機能です。

LAMBDA関数のヘルパー関数で任意の数式の累積計算を行いセル範囲を作成します。

仕様

=SCAN(初期値,配列,LAMBDA関数(累積値,値,数式))
引数省略時の値説明
初期値0累積計算の初期値を指定します。
配列省略不可計算対象の配列(セル範囲)を指定します。
引数の詳細

使い方

次の例では初期値を10,000としA2~A4の値を徐々に数値を加算しています。

LAMBDA関数の2つ目の引数(例ではtotal)は一つ前のセル値、

2つ目の引数(例ではvalue)は現在のセルの値になります。

=SCAN(10000,A2:A4,LAMBDA(total,value,total+value))

数式は任意のため掛け算も可能です。

変化や複利計算で順番に表示するような使い方が可能です。

=SCAN(10000,D2:D4,LAMBDA(total,value,total*(1+value)))

これらは基本的に中間セルを作れば対応可能な計算です。

よって、数式を1つにしてそれを避けたい場合に有効です。

(ネットワーク共有されていて更新者が多いブックなどに有効)

関数の結果はSUMなど他の関数に指定可能であり、セルを作らずに範囲を作れるため、

可能な限り少ないセルで数式を完結させたい場合にも有効です。

SCAN関数とREDUCE関数の違い

SCAN関数とREDUCE関数はどちらも累積計算を行う関数ですが、

SCAN関数は途中の計算も含めて配列(セル範囲)を取得し、

REDUCE関数は最後の結果のみを取得します。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧