Power Automate Desktop「PDFからテーブルを抽出する」アクション

PDFに含まれている表を抽出してデータテーブルリストに格納するアクションです。

利用方法

「アクション」の「PDF」より「PDFからテーブルを抽出する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

生成された変数

ExtractedPDFTables

取り込んだ表をデータテーブルリスト形式で取得します。

例えば総務省の「都道府県コード及び市区町村コード」のPDFは

大きく二つの表に分かれています。

1つ目の市町村コード表
2つ目の政令指定都市の区コード表

このPDF全体を取り込むと次のようなリストになります。

ExtractedPDFTables[0].DataTableが1つ目の表、

ExtractedPDFTables[1].DataTableが2つ目の表のデータテーブルになります。

プロパティ
.DataTableデータテーブル形式の表本体です。
.TableStartingPagePDF中の開始ページ位置です。
.TableEndingPagePDF中の終了ページ位置です。
PDFテーブル情報のプロパティ
1つ目の表
2つ目の表

例えば一つ目の表をループする場合は、

%ExtractedPDFTables[0].DataTable%を指定します。

列名を取り込む設定の場合は表の先頭行が列名になります。

1つ目の表の内容

「都道府県コード及び市区町村コド」改正一覧表のように

ヘッダが複数行あるPDFの場合は先頭行のみ列名となり、

2行目以降はデータ行になってしまいます。

ループの中でヘッダーを判定して除外する必要があります。

パラメータ

PDF ファイル

抽出対象のPDFファイルを指定します。

表があれば大抵のPDFは取り込めますが

サンプルとして総務省の「都道府県コード及び市区町村コード」のような

列が1行のPDFが取り込みやすいです。

取り込み結果

抽出するページ

PDFの中で表を抽出する対象のページを指定します。

「すべて」の場合は追加指定なし
「単一」の場合はページ数のみ指定
「範囲」の場合は開始と終了のページ数を指定

パスワード

PDFの読み取りにパスワードが必要な場合に指定します。

ページの余白を超えるテーブルをマージする

表の途中にページ区切りがある場合に、

チェックしていると同じデータテーブルに抽出しますが、

チェックなしの場合、分割して設定します。

チェックありの結果
チェックなしの結果

最初の行に列名含める

チェックした場合は先頭行が列名として扱われます。

チェックなしの場合は先頭行もデータ行として扱い、

Column1~が列名として自動設定されます。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

記事一覧

「PDF」の使い方の記事一覧