Power Automate Desktop「SQL 接続を開く」アクション

2022年7月4日

MySQLやOracle、PostgreSQL、SQL Serverなどの(主に社内の)データベースへの操作を行う際に

最初に設置するアクションです。

多くの場合、データベースにはAccsessや社内の独自アプリケーションを利用して接続しますが、

その部分を自動化するための機能群です。

このアクションの利用には専門性が必要とされることや、

社内の他の箇所へ影響を及ぼす可能性があるため、

利用する際は事前にシステム管理者等に相談してから実施しましょう。

利用方法

「アクション」の「データベース」より、「SQL 接続を開く」をドラッグします。

パラメータの接続文字列を設定します。

ここはキー入力では難しいため、データリンクプロパティを利用します。

プロパティの設定を行います。この設定には専門性が必要なため

システム管理者等のアドバイスを受けましょう。

必要な情報入力を行い、OKボタンをクリックすると接続文字列が生成されます。

この接続文字列はコピー&ペーストで流用可能です。

このアクションで接続後、「SQL ステートメントの実行」で操作を行い、

最後には「SQL 接続を閉じる」で終了します。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

「データベース」の使い方の記事一覧