Power Automate Desktop Excelシートをコピーする方法

Excel関連のアクションではシート追加とセルのコピー&ペーストとなります。

この場合は列の幅・行の高さなど反映されない情報があり、アクションも多くなります。

しかしVBスクリプトを利用すれば、その問題なしに

Excelのシートコピーを行うことが可能です。

手順

VBScriptの実行」を設置して次のコードを実行します。

赤字の部分は対象のファイルとシート名に変更します。

On Error Resume Next

Dim xls, book, sheet
Set xls = CreateObject("Excel.Application")

'ファイル指定
Set book = xls.Workbooks.Open("C:\Test\Test.xlsx") 
Set sheet = book.Worksheets("Sheet1")
sheet.Copy(sheet)

book.Save
book.Close
xls.Quit

Set book = Nothing
Set xls = Nothing

このアクションを実行するとExcelでのシートコピーと同様の結果になります。

コピーで新規作成されたシートはアクティブなシートになるため

必要に応じて「アクティブな Excel ワークシートを取得」でシート名を取得し、

シート名変更などを行います。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

活用事例集