Excel 指定範囲から指定数の行・列を削除(DROP)

2022年9月22日

DROP関数は2022年9月にMicrosoft365(Office365)のExcelに追加された新機能で、

セル範囲の一部を削除する関数です。

単独で使うよりも、セル範囲を返す別関数の結果を編集や、別関数に渡す範囲を編集するなど

他の関数と組み合わせて利用することの多い関数です。

仕様

=DROP(array,rows,columns)
引数省略時の値説明
array省略不可対象のセル範囲を指定します。
rows省略不可削除する行数を指定します。
削除しない場合は0、末尾から削除する場合は負の数を指定します。
columns0削除する列数を指定します。
削除しない場合は0、末尾から削除する場合は負の数を指定します。
引数の詳細

使い方

1つ目の引数に対象のセル範囲、2つ目の引数には削除する行数を指定します。

2つ目の引数を負数にすると末尾から削除します。

3つめの引数は省略可能ですが、こちらには削除する列数を指定します。

この時、行を削除しない場合は、

2つ目の引数には0を指定するか、何も指定せずカンマを続けます。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

活用例

値の存在する行のみ抽出する数式

TEXTSPLIT関数で行分割する場合

TEXTSPLIT関数で3つ目の引数を利用すると行方向にテキストを分割できます。

最後に改行文字がある場合、最終行がエラー行となってしまうため

その対処にDROP関数を利用します。

関数の仕様と使い方の記事一覧