GTM 組み込み変数 ページ

2022年11月11日

利用頻度の高い指定が「組み込み変数」として最初から登録されていて、「ページ」には主にGTMのタグが発火したURLを管理しており、タグの発火URLを制御したい場合に用います。より詳細なURL指定を行う場合はナビゲーション(ユーザー定義変数)が必要です。

ページに属する組み込み変数

Page Path

多くの場合、この「Page Path」を利用してタグが発火するURLを制御します。この指定にはドメインやクエリを(?以降)含みません。

Page URL

「Page URL」は完全なURL(#以降は含まない)です。GTMタグの発火が複数ドメインに分かれている場合に、ドメインを含めて制御する場合に利用します。

Referrer

「Referrer」は1つ前のページビューの完全のURL(#以降は含まない)です。流入元や経路を指定したい場合に利用します。

Page Hostname

「Page Hostname」はドメインです。GTMタグの発火が複数ドメインに分かれている場合に、ドメインを発火の条件をしたい場合に利用します。

—-

関連記事

GTMの記事一覧