GTM 組み込み変数 スクロール

2022年11月21日

利用頻度の高い指定が「組み込み変数」として最初から登録されていて、この組み込み変数は主に「スクロール距離」と組み合わせて使用し、トリガー発動時のスクロールの距離などの情報を取得します。

スクロールに属する組み込み変数

Scroll Depth Threshold

トリガーが発動した際の値を取得します。トリガーの条件が割合であればパーセンテージ(整数)、ピクセル数であればピクセル数になります。

Scroll Depth Units

発動したトリガーの条件の単位を取得します。割合であればpercent、ピクセル数であればpixelsになります。

Scroll Direction

発動したトリガーの方向を取得します。縦方向であればhorizontal、横方向であればverticalになります。

—-

関連記事

GTMの記事一覧