Excel 当日の日付を取得する(TODAY関数)

2019年5月23日

TODAY関数を利用すると当日の日付を

セルに表示することが可能です。

これにより申請日や作成日いった項目の

自動記入として書類フォーマットに

組み入れることが可能になります。

仕様

引数のない関数です。

TODAY()

利用例

TODAY関数の利用例

ファイルを再度開いたり、

何れかのセルが再計算されると

そのタイミングの日付を表示します。

つまり、頻繁に内容が変わってしまいます。

よって実際に記入した際には

日付を確定させるために

値貼り付けを行いTODAY関数を

固定の日付に変換する必要があります。

関連記事

活用例

期限が近付いたら通知してくれるリマインダーを作成する方法

似た機能の関数

現在の日時を取得する(NOW関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする