Excel 期限が近付いたら通知してくれるリマインダーを作成する方法

概要

スケジュールやタスクを管理する場合、

期限や予定日が近づいたら

リマインドする機能があると便利です。

この記事では簡単に設定できる

リマインドの方法を紹介します。

サンプルファイル

手順

このサンプルに設定していきます。

C3セルにはTODAY関数で常に

当日の日付を表示します。

タスク管理表サンプル
タスク管理表サンプル

セルに特定の表示をする場合

前日になったら●を表示する数式をD列に

一週間前になったら●を表示する

数式E列に設定します。

それぞれの先頭である6行目に

下記のように数式を設定し

全行にコピーします。

D列=IF(C6-TODAY()<=1,”●”,””)
E列=IF(C6-TODAY()<=7,”●”,””)
セルに特定の表示をするリマインダー

●を他の文字に置き換えると

任意の表示にすることが可能です。

また1や7となっている箇所を

他の数字に変えると任意の日数で

リマインドできるようになります。

色を表示する場合

条件付き書式を使用して強調すると

より視認性が増して便利になります。

前日通知の全セルを選択し、

「ホーム」、「条件付き書式設定」

「新しいルール」を呼び出します。

「ホーム」、「条件付き書式設定」より「新しいルール」

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」とし

このように設定します。

=$C6-TODAY()<=1
前日通知の条件付き書式を設定

同様に一週間前通知も設定します。

=$C6-TODAY()<=7
一週間前通知の条件付き書式を設定

セルの表示と同様、通知の日数は

数式中で任意に変更可能です。

書式も任意ですが、より期限の近い方を

警戒色(例:赤>黄>白)に近づけると効果的です。

日付のセルなどに書式設定を重ねても構いません。

その場合は期日の近い書式ルールの

優先度を上げるようにします。

近い方から遠い方の順番に

設定していれば問題ありませんが、

そうでない場合は、

優先度を変更する必要があります。

それにはまずセル範囲を選択し、

「条件付き書式」より「ルールの管理」を

クリックします。

「条件付き書式」より「ルールの管理」をクリック

優先度変更ボタンで記述の近い方の条件が

上に行くように変更します。

(順番通りに設定し、

 この通りになっていれば必要ありません)

条件付き書式ルールの管理で優先度を変更する

関連記事

プルダウンリストの選択に連動して行の背景色を変える方法

スケジュール管理へのExcel活用

使用した機能の詳細

当日の日付を取得する(TODAY関数)

条件によって結果を変える(IF関数)