Excel 順位に該当する数値を取得(LARGE関数、SMALL関数)

2019年4月12日

LARGE関数とSMALL関数は

順位を指定し範囲内に該当する数値を

取得する関数で、RANK関数の逆の働きをします。

LARGE順位を降順で取得
SMALL順位を昇順で取得

仕様

LARGE関数またはSMALL関数(配列,順位)

<配列>
順位を求めるための値の一覧のセル範囲を指定します。

<順位>
取得する順位を指定します。

利用例(関数/引数別 結果の違い)

B列に数値の一覧、CとD列にRANK関数の結果、

F列に順位、GとH列にLARGEとSMALL関数の

結果を表示しています。

下記がそれぞれ対になっていることがわかります。

RANK関数(降順)⇔LARGE関数

RANK関数(昇順)⇔SMALL関数

利用例(関数/引数別 結果の違い)

関連記事

逆の働きをするRANK関数の詳細

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする