Excel セルの相対参照と絶対参照の違いと使い方

2019年4月9日

セル参照(=や関数にセルを指定すること)には

相対参照と絶対参照の二つの方法があります。

二つのセル参照方法

相対参照

セル参照のある数式をオートフィルや

コピー&ペーストを行うと

セル参照の位置が一つずつズレて行くものです。

特に意図せず指定すると相対参照になります。

絶対参照

セル参照のある数式をオートフィルや

コピー&ペーストしても

セル参照の位置を変えない指定方法です。

これにより数式のオートフィルや

コピーの結果を固定することが可能です。

それに変えたくないセル指定に

$を付けることで設定します。

行のみ、列のみ、行列両方の

それぞれの形で設定が可能です。

絶対参照の使用例

常にC2セルを手数料率として使いたいため

列と行に$を指定しています。

絶対参照使用サンプル

参照の変わり方

黄色のセルから緑のセルに

コピー&ペーストしたときの

参照の変わり方です。

(実際はA1の文字だけでは変わりません。

 =を付けてセル参照とする必要があります)

それぞれの参照の動き方

関連記事

絶対参照の利用例

VLOOKUP関数で多用

初心者向け記事まとめ