Excel プルダウンリストの選択に連動して行の背景色を変える方法

2019年5月7日

概要

入力規則のプルダウン(ドロップダウン)リストで

タスクのステータスや入金状況などを

選択できるようにすると便利です。

それに加えて選択値に合わせて

セルや行の背景色を変えるようにすると

状況や漏れを把握しやすくなり

より機能的になります。

この記事では、その方法を紹介します。

設定手順

タスク管理表のサンプルに状況に合わせて

背景色を変えるように設定します。

状況は下記の3種類を設定します。

  • 未着手(白)
  • 進行中(緑)
  • 完了(グレー)
タスク管理表サンプル

背景色を連動させたいセル範囲を選択し

「条件付き書式」の「新しいルール」を開きます。

行を全て選べば行全体が色変更の対象となり、

状況列のみを選択すれば

状況列のみが対象となります。

また行が増える場合、

書式をコピーする必要があるため

多めの行を確保して

設定しても構いません。

設定する範囲を選択し「条件付き書式」の「新しいルール」を開く

ルールの種類を「数式を利用して、書式設定するセルを決定」にし

条件と書式を設定します。

条件は下記のように設定します。

=$D3="進行中"

なお列指定は絶対指定にします。

そうしないとそれぞれの列で

判定をしてしまいます。

また行指定は逆に

相対指定の必要があります。

そうしないと最初の行で

判定が固定されてしまいます。

書式ルールの設定(進行中)

状況を進行中にすると自動的に

緑色になるようになりました。

ここは背景色でなく、文字色や太字などに

応用することも可能です。

進行中が緑色になった状態

同様に完了の条件と書式も設定します。

書式ルールの設定(完了)

完了が灰色になるようになりました。

同様に必要なだけ設定を増やしていけば

機能的な管理表が完成します。

完了が灰色になった状態

サンプルファイル

関連記事

入力規則によるプルダウン(ドロップダウン)リストの記事一覧

セルの相対参照と絶対参照の違いと使い方

期限が近付いたら通知してくれるリマインダーを作成する方法