Excel 数値(算用数字、インド・アラビア数字)をローマ数字に変換する(ROMAN関数)

2019年6月8日

ROMAN関数は

数値(算用数字、インド・アラビア数字)を

ローマ数字の文字列に

変換する関数です。

仕様

ROMAN(数値,書式)
<数値>
1~4000までの整数を指定します。
<書式>
0または指定なし:正式
1:簡潔化した形式
2:1より簡潔化した形式
3:2より簡潔化した形式
4:簡略化

使用例

引数と結果の一覧です。

負の数と4,000以上はエラーとなります。

半角・全角の文字列やゼロ埋め文字列の

場合は数値に読み替えて変換してされます。

ROMAN関数の引数別実行結果

関連記事

逆の変換(ローマ数字→算用数字)を行うARABIC関数

ローマ数字一覧表(1~3999)

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする