Excel 数値(算用数字、インド・アラビア数字)をローマ数字に変換する(ROMAN関数)

2020年5月14日

ROMAN関数は数値(算用数字、インド・アラビア数字)を

ローマ数字の文字列に変換する関数です。

ARABIC関数の逆の働きをします)

この記事では、その仕様と使い方を紹介します。

仕様

=ROMAN(数値,書式)
引数省略時の値説明
数値省略不可1~4000までの整数を指定。
書式00:正式
1:簡潔化した形式
2:1より簡潔化した形式
3:2より簡潔化した形式
4:簡略化
各引数の詳細

使用例

引数と結果の一覧です。

負の数と4,000以上はエラーとなります。

半角・全角の文字列やゼロ埋め文字列の場合は数値に読み替えて変換されます。

ROMAN関数の引数別実行結果

スピルを利用する方法とメリット

Office365やExcel2019以降ではスピルという形式で記述可能です。

これは複数セルに数式をコピーする場合に便利な機能です。

スピルの利用には引数を範囲で指定します。

スピルでROMAN関数を記述する例
スピルでROMAN関数を記述する例

数式を入力するのは最初の一つのセルですが、

引数1で指定した高さ分、数式がセルのコピーなしで自動拡大されます。

C3に指定したARABIC関数がC10まで自動拡大
C3に指定したARABIC関数がC10まで自動拡大

スピルを利用することで今回の例では、

C3セルに入力するだけでよいため(C4以降にコピーペーストが不要)

以下のメリットがあります。

  • 入力の手間が少ない(数式のセルが多いほど効果が大きい)
  • 数式を編集した時、コピー忘れのリスクがない(最初のセルを更新すると全セルに反映)
  • 絶対参照が不要
  • 途中に行を追加した場合、数式のコピー&ペーストが不要。行削除でも壊れにくい。

関連記事

ローマ数字一覧表(1~3999)

関数の仕様と使い方の記事一覧