Excel ローマ数字を算用数字(インド・アラビア数字)に変換する関数(ARABIC)

2019年6月8日

概要

ARABIC関数は文字列のローマ数字を

算用数字(インド・アラビア数字)に

変換する関数です。

数値に変換されるため、

ローマ数字で計算を行う際に

この関数で変換します。

仕様

ARABIC(文字列)

<文字列>
変換したいローマ数字を指定します。

実行例

実行例は下記の通りです。

アルファベットで1文字づつ記述する必要があり、

大文字・小文字はどちらでも構いません。

混在してもOKです。

ただし機種依存文字のローマ数字は

#VALUEエラーとなります。

ARABIC関数の仕様結果一覧。環境依存文字のローマ数字はエラー

関連記事

逆の変換(算用数字→ローマ数字)を行うROMAN関数

ローマ数字一覧表(1~3999)

関数の記事一覧