Excel 文字列の長さ(バイト数)を取得(LENB関数)

2019年8月15日

LENB関数は文字列のバイト数を

取得する関数です。

長い文字を目で数えるよりも

早く正確なため大きな効果があります。

また他の文字列操作関数との併用で、

更に高い効果を発揮します。

仕様

LENB(文字列)
<文字列>
バイト数を数える文字列かセルを指定します。

使用例

LEN関数は文字数を数えるのに対し、

LENB関数はバイト数を数えます。

半角の英数字やカタカナでは

どちらも1としてカウントしますが、

全角はLENB関数では2とカウントします。

LEN関数とLENB関数の、半角文字と全角文字での結果の違い

セル内改行はLEN関数と同様に

1としてカウントします。

改行コードもバイト数にカウントされる例

関連記事

活用例

文字列を左または右からN文字削除する方法

類似機能の関数

文字列の長さ(文字数)を取得(LEN関数)

VLOOKUP関数で頻繁に発生する問題と対処法

関数の仕様と使い方の記事一覧