Excel 文字列を左または右からN文字削除する方法

Excelには文字数を指定して

削除する関数は存在しません。

この記事では既存の関数を利用して

N文字削除する方法を紹介します。

手順

左(先頭)からN文字削除

下記の数式を使います。

RIGHT(文字列,LEN(文字列)-N)
左から2文字削除する例
左から2文字削除する例

右(末尾)からN文字削除

下記の数式を使います。

LEFT(文字列,LEN(文字列)-N)
右から2文字削除する例
右から2文字削除する例

解説

N文字削除するというよりも、

文字数-N文字分、逆方向から

残していく数式になります。

そのため左からはRIGHT関数、

右からはLEFT関数と

ややこしいので注意が必要です。

なお~B関数を使用すれば

バイト数で削除することも可能です・

関連記事

使用した関数の詳細

左・右より文字数を指定して文字列を切り出す(LEFT/MID/RIGHT関数)

文字列の長さ(文字数)を取得(LEN関数)

左・右よりバイト数を指定して文字列を切り出す(LEFTB/MIDB/RIGHTB関数)

文字列の長さ(バイト数)を取得(LENB関数)