Excel 左または右(前または後ろ)からN文字削除する方法

例えば郵便番号と住所が並んでいて

102-0072 東京都千代田区飯田橋
102-0082 東京都千代田区一番町
101-0032 東京都千代田区岩本町

そこから住所のみ取り出そうとする場合、

9文字指定して削除したい所ですが

適切な関数が存在しません。

この記事では前後よりN文字指定して

削除する方法を紹介します。

手順

下記のように数式を記述します。

左よりN文字削除

RIGHT(文字列,LEN(文字列)-N)

右よりN文字削除

LEFT(文字列,LEN(文字列)-N)

実行結果

D列とE列が数式の実行例です。

数式の実行結果

例として挙げた郵便番号の削除も可能です。

郵便番号&住所から郵便番号のみ削除する例

関連記事

文字列の長さ(文字数)を取得(LEN関数)

左・右より文字数を指定して文字列を切り出す(LEFT/MID/RIGHT関数)

フォローする