Excel #N/Aエラーを発生させる(NA関数)

2021年11月6日

NA関数は#N/Aエラーを発生させる関数です。

#N/Aエラーは本来VLOOKUP関数などで検索に失敗した時などに発生します。

用途

IF関数と併用

現状ではIF関数の結果としてエラーを発生させたい時など非常に用途の限られる関数です。

折れ線グラフに使用

また下記のような数値の空きのある表で折れ線グラフを使用する場合、

空白をそのままにすると折れ線グラフが表示されず

かといって0を埋めるとガタガタになるため

空白セルにNA関数を埋めて折れ線を繋げる用途もありましたが

データ空きのある表

最近のバージョンでは「データソースの選択」より「非表示および空白のセル」を呼び出し、

データソースの選択ウインドウ

「空白セルの表示方法」を「データ要素を線で結ぶ」にすれば解決するため、

この設定が可能な環境ではNA関数を使う必要はありません。

非表示および空白のセルの設定ウインドウ

仕様

=NA()

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

各種エラーの発生条件と判定関数

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧

関数の仕様と使い方の記事一覧