Excel データ型を取得(TYPE関数)

TYPE関数は指定値が

数値なのか文字列なのかなどの

データ型を取得する関数です。

主な用途

関数の結果のデータ型を確認するような

使い捨ての一時的な用途が適切です。

ずっと残る数式に使う場合は

可能な限りIS系関数を使用しましょう。

こちらの方が後から数式を見た時に

意味が理解しやすく判定も厳密なためです。

仕様

TYPE(値)
<値>
判定する値かセルを指定

値と結果の関係

データタイプ戻り値
数値1
テキスト2
論理値4
エラー値16
配列64

実行例

実行結果の例です。

配列は引数にセル指定だと判定されません。

TYPE関数が配列数式になるか

{}形式の配列を指定すると判定されます。

TYPE関数の実行結果の例

1~64の数値とデータ型の対応を

把握しておく必要があるため

恒常的に残る関数としては

他の判定関数の方が良いです。

(一時的な用途には最適ですが)

判定の代替手段

数値

恒常的に残る数式では

ISNUMBER関数を推奨します。

TYPE関数では空白セルを0として扱い

数値として判定します。

ISNUMBER関数では空白セルは

FALSEとなるのでより厳密です。

テキスト

恒常的に残る数式ではISTEXT関数を推奨します。

論理値

恒常的に残る数式ではISLOGICAL関数を推奨します。

エラー値

恒常的に残る数式では

ISERROR関数やISNA関数を推奨します。

配列

特に代替手段はありませんが、

配列自体の用途が少なく

判定する必要性はかなり低いため

特に支障はないでしょう。

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする