Excel 各種判定関数(IS系)※エラー判定以外

概要

セルの内容がどのような状態かを

判定するIS系関数の

仕様と結果の例を紹介します。

なお当記事ではエラー判定関数は対象外です。

エラー判定関数の記事はこちらです。

仕様

全関数、下記のような仕様です。

数式

=IS〇〇〇(判定対象)

<判定対象>
セル指定や値を指定します。

一覧

関数名TRUEとなる条件
ISBLANK空白の場合
ISFORMULA数式を含む場合
ISREFセル参照として有効な場合
ISTEXT文字列の場合
ISNONTEXT文字列以外の場合(空白を含む)
ISLOGICAL論理値の場合
ISNUMBER数値の場合
ISODD奇数の場合
ISEVEN偶数の場合

結果の例

セルの状態判定

ISBLANK関数

判定対象セルに

何も入力されていない場合、

TRUEを返します。

=”” のように数式で空白文字を

指定している場合はFALSEとなります。

ISFORMULA関数

判定対象セルが数式の場合、

TRUEを返します。

ISREF関数

判定対象がセル参照として

有効な場合、TRUEを返します。

セル番地やデータ範囲として

有効な指定の場合、TRUEを返します。

セル番地指定のためTRUE
セル番地指定のためTRUE
ただの文字列のためFALSE
ただの文字列のためFALSE
登録されているセル範囲名の場合、TRUE
登録されているセル範囲名の場合、TRUE

他のIS系関数の場合、

判定対象のセル内容を判定しますが

ISREF関数の場合、判定対象の参照自体を

判定して結果を返します。

他のIS系関数と同様の感覚で

判定したセルを指定してしまうと

それ自体が参照と判断されます。

D3セルは固定値だが、D3の指定自体が参照であるためTRUEとなる例
D3セルは固定値だが、D3の指定自体が参照であるためTRUEとなる例

そのセルの内容を判定対象としたい場合は

INDIRECT関数を組み合わせる必要があります。

(文字列をセル参照に変換しているので

 厳密には挙動が変わっていますが)

A1セルが有効なセル参照として使える文字列でない
A1セルが有効なセル参照として使える文字列でない
A1セルが有効なセル参照として使える文字列である
A1セルが有効なセル参照として使える文字列である
A1セルが登録されているセル範囲名である
A1セルが登録されているセル範囲名である

セルのデータ種類(型)判定

ISTEXT関数

判定対象が文字列の場合、

TRUEを返します。

空白セルはFALSEですが、

空文字はTRUEとなります。

判定対象結果
文字列TRUE
数値FALSE
数式の結果結果が数値がそれ以外かで変動
日付FALSE
‘1TRUE
=”1″TRUE
セルに入力なしFALSE(空白セルで文字でない)
TRUE(空文字扱い)
“”TRUE(空文字扱い)

ISNONTEXT関数

ISTEXT関数の逆の結果を返します。

ISLOGICAL関数

判定対象がTRUEやFALSEのような

論理値である場合TRUEを返します。

文字列の”TRUE”や”FALSE”は

FALSEを返します。

ISNUMBER関数

判定対象が数値の場合、

TRUEを返す関数です。

判定対象結果
数値TRUE
文字列FALSE
空白セルFALSE
‘1FALSE
=”1″FALSE
数式の結果結果が数値であればTRUE

数値の内容判定

ISODD関数とISEVEN関数

ISODD関数は奇数の場合に、

ISEVEN関数は偶数の場合に

TRUEを返します。

各判定対象に対して

このように動作します。

ISNUMBER関数と違い、

数値と見なせる文字列は

数値として扱います。

判定対象挙動
数値通常の奇遇判定
空白セル0(偶数)として判定
数式で空白(=””など)エラー判定
文字列として数字(先頭に’など)数値として扱える文字は数値と見なして判定
全角文字として数字数値として扱える文字は数値と見なして判定
ゼロ埋め数字数値として扱える文字は数値と見なして判定
小数小数点以下を切り捨てて判定
計算式数式の結果を判定
漢数字漢数字は文字扱いでエラー判定

実行結果例です。E列にISODD関数、

F列にISEVEN関数を置き

C列を判定対象として指定しています。

ISODD関数とISEVEN関数 の実行例
ISODD関数とISEVEN関数 の実行例

関連記事

エラー判定関数

ISNUMBER関数の利用例

VLOOKUP関数で空白の検索結果を0ではなく、空白のままで取得する方法

関数の記事一覧