Excel 条件付き書式に複数の条件(ルール)を指定する方法

2019年10月11日

条件付き書式に複数のルールを

設定する方法を紹介します。

手順

複数ルールの設定

任意の条件付き書式を設定します。

例としてセルの値が20以上の場合に

背景色を黄色くする設定をします。

例としてセルの値が20以上の場合に背景色を黄色くする設定を実施

セル範囲選択をそのままに

新しいルールを追加すると

二つのルールが共存する状態になります。

150以上を赤くする条件付き書式
150以上を赤くする条件付き書式を設定
20以上が黄色くなり、150以上が赤くなる状態

ルール間の優先度調整

これがどのような状態であるかを

確認するには条件付き書式が

設定されているセルを選択し、

「ルールの管理」をクリックします。

条件付き書式が設定されているセルを選択し、「ルールの管理」をクリック

このように対象セルに設定されている

全ての条件付き書式のルールと

適用先セルが表示されます。

条件付きルールの管理

上に表示されているルールほど

優先帝に適用されます。

後から追加したものほど

初期状態では優先度が高いです。

この優先度は下記、図の赤枠線部分のボタンで

変更することが可能です。

条件付き書式の優先度変更ボタン(赤枠線部分)

優先度を入れ替えた例です。

(20以上で背景色黄色の条件を高優先)

優先度を入れ替えた例。ルールの管理ダイアログ(20以上で背景色黄色の条件を高優先)

150以上の条件が適用されずに

変更対象が全て黄色に変わりました。

優先度を入れ替えた例。(20以上で背景色黄色の条件を高優先)

条件を満たす場合は停止

ルールに合致する場合は

優先度順に適用されます。

先ほどの例では150以上の場合、背景色のため

優先度が高いもの(背景色赤)のみが

セルの背景色として適用されました。

しかし下位の優先度のルールに

共存できるものがある場合、

それも続けて順番に適用されます。

例えば150以上で背景色を赤にし、

20以上で太字と斜体にする

条件付き書式を設定します。

150以上で背景色を赤にし、20以上で太字と斜体にする条件付き書式を設定

すると20以上の150未満のセルには

太字と斜体のみ、150以上のセルには

太字と斜体および背景色赤の

条件付き書式が両方適用されます。

20以上の150未満のセルには太字と斜体のみ、150以上のセルに太字と斜体および背景色赤の条件付き書式が両方適用されます。

この状態で背景色赤のルールに

「条件を満たす場合は停止」をチェックします。

背景色赤のルールに「条件を満たす場合は停止」をチェック

すると150以上の書式が適用された段階で

書式設定が停止し、太字と斜体が

150以上には適用されない結果になります。

150以上の書式が適用された段階で書式設定が停止し、太字と斜体が150以上には適用されない状態

ルールの追加・編集・削除

「ルールの管理」ダイアログで

条件付き書式の追加・編集・削除が可能です。

3つ以上設定することも可能です。

下記、赤枠部分のボタンで操作します。

条件付き書式の追加・編集・削除ボタン

関連記事

IF関数や条件付き書式に複数の条件を「条件Aまたは条件B」、「条件Aかつ条件B」で指定する方法(AND関数、OR関数)

条件付き書式で自分自身(カレント)のセルを指定する方法

三崎優太さん(元青汁王子)関連企画の偽物判定機

フォローする