Excel 検索値に一致する列の特定行の値を取得(HLOOKUP関数)

HLOOKUP関数はVLOOKUP関数の

兄弟関数で検索の方向が異なります。

VLOOKUP行(下)方向に検索し、列(右)方向の値を取得
HLOOKUP列(右)方向に検索し、列(下)方向の値を取得

一覧表は基本的には項目列があり

行にデータがあることが一般的なため

使用頻度はVLOOKUP関数の方が高いです。

HLOOKUP関数を使う例(縦方向に項目、横方向にデータ)
HLOOKUP関数を使う例(縦方向に項目、横方向にデータ)
VLOOKUP関数を使う例(項目列にデータ行)
VLOOKUP関数を使う例 (横方向に項目、縦方向にデータ)

この記事ではHLOOKUP関数の

使用方法を紹介します。

VLOOKUP関数の情報を調べたい方は

こちらの参照をお願いいたします。

なお2019年後半にXLOOKUP関数という

上位版がリリース予定です。

現在、公開されている情報だけでも

HLOOKUP関数より便利になります。

仕様

HLOOKUP(検索値,範囲,行番号,検索の型)

<検索値>
検索キーとなるセルを指定します。
<範囲>
検索元情報のセルを指定します。
検索対象は常に左端のセルになります。
<行番号>
表示するデータの位置を指定します。
範囲の一番上を1としたときの相対位置です。
<検索の型>
・FALSE:完全に一致するものを取得します。
     職種にも寄りますがこちらの方が頻度が高いと思われます。
・TRUE:検索キー以下で最も大きいものを取得します。

使用例

C3セルにHLOOKUP関数を設定しています。

引数1検索したい値
引数2検索する表を指定。
引数1に対応する行も指定。
引数3一番上を1とした取得したい項目の番号。
下の例では赤字部分を参照
引数4基本的にFALSE(完全一致)
HLOOKUP関数の使用例

HLOOHUP関数は該当する値の中で

最も上のものを取得します。

また検索対象は一番上の行だけです。

複数の検索結果がある場合は

特殊な対応が必要です。

関連記事

VLOOKUP関数の使い方・活用方法の記事一覧

フォローする