UiPath 操作のレコーディング

2019年11月18日

この記事に引き続きレコーディングによる

ツール作成の方法を紹介します。

レコーディングとはUiPathのツール作成手段で

作成者が自動化したい動作を実際に行い

それをUiPathが記録する手法です。

ただし動作が重かったり

記録したくない操作も登録されるので

(対処法はありますが)

基本的には前記事のように

デザイナーパネルでの作成をメインにし

実現方法が判らないものを

レコーディングの記録で

補えるようになると効率的です。

手順

メモ帳に文字を入力する例で紹介します。

デザインリボンの中のレコーディングより

デスクトップを選びます。

対象がブラウザの画面の場合ウェブ、

混在する場合はベーシックを選びます。

デザインパネルのレコーディングよりデスクトップを選択

レコーディングのコマンドの一覧が

表示されるのでレコーディングを選択します。

レコーディングを選択

動作を記録したいアプリケーションを選択します。

動作を記録したいアプリケーションを選択

中でいきなりキーボード入力してはいけません。

UiPath特有のウインドウが表示されるので

この入力欄に入力しEnterキーを押します。

UiPath特有のウインドウの入力欄に入力しEnterキーを押下
入力欄に任意の値を入力

先ほど入力した値がメモ帳に入力されます。

これでメモ帳に入力する動作が

UiPathに記録されます。

先ほど入力した値がメモ帳に入力されると当時にメモ帳に入力する動作がUiPathに記録

なお[Esc]キーを押すと一時的に

記録が中断されます。

その場合、再度「レコーディング」を

押下すると記録が再開されます。

記録を続けて一通り動作を行ったら

「保存&終了」を押下します。

「保存&終了」を押下

デザインパネルにこれまでの動作が

UiPathのアクティビティとして登録されます。

デザインパネルにこれまでの動作がUiPathのアクティビティとして登録

実現するアクティビティや設定が判らない時は

このレコーディングを利用して

習得していくのが効率的な利用方法です。

ブラウザのレコーディングも可能です。

IEは拡張機能不要ですが、

他のブラウザは拡張機能の設定が必要です。

一先ずはIEでレコーディングを

試すのが良いでしょう。

次の記事

次回は業務アプリケーションの中核。

Microsoft Excelを自動操作する

基本的な方法を紹介します。

フォローする