Excel FIND関数でワイルドカードを使いたい場合の対処方法

2020年6月23日

文字列に特定文字が含まれるかを検索するFIND関数ですが、

ワイルドカード…*(アスタリスク)などを利用して

部分一致検索を行うことは不可能です。

この記事ではその対処方法を紹介します。

対処方法

FIND関数ではワイルドカードを使用できません。そこでSEARCH関数を使用します。

FIND関数SEARCH関数は、ほぼ同じ機能の関数で下記の違いがあります。

FIND関数SEARCH関数
大文字・小文字区別する区別しない
ワイルドカードによる
部分一致検索
不可能可能

SEARCH関数の引数1であればワイルドカードが機能します。

ただしSEARCH関数では大文字・小文字が区別されない点には注意しましょう。

SEARCH関数で部分一致関数を行う図解

関連記事

FIND関数の使い方・活用方法の記事一覧