Excel 重複データを削除する方法

2020年5月5日

表の中に同一の情報が複数ある場合、

重複している情報は削除して一つにしたい場合があります。

この記事ではその方法を紹介します。

2行目と6行目が同一、4行目と7行目が重複するキャプチャ
2行目と6行目が同一、4行目と7行目が重複

なおExcel2019以降ではUNIQUE関数が追加されています。

ルーチンワークでは関数の方が便利なため、そちらの検討もお勧めします。

手順

重複を除外したい表を選択し、「データ」より「重複の削除」を

選択すると重複が排除されます。

重複を除外したい表を選択し「データ」より「重複の削除」を選択する図解
重複を除外した結果のキャプチャ

特定列を選択して実行した場合、選択列だけが重複排除されます。

警告が表示されるため、「現在選択されている範囲を並べ替える」を

チェックし「重複の削除」をクリック、

重複の削除ウインドウの「OK」ボタンを押すと

その列だけ一意の状態になります。

警告ウインドウで「現在選択されている範囲を並べ替える」をチェックし「重複の削除」をクリックするキャプチャ
重複の削除ウインドウの「OK」ボタンを押すキャプチャ
特定列のみ一意になった状態のキャプチャ

関連記事

重複除外してカウントする方法(重複データは1件として数える)

UiPath Excel 処理 重複行を削除 アクティビティ