Excel 全角を半角に、半角を全角に変換する方法

2021年11月6日

名簿や台帳などのデータに全角文字/半角文字が

混在している場合、どこかで統一する必要が出てきます。

データの量が少ないうちは手作業でも良いですが

百件以上など大量になると現実的ではありません。

この記事では少ない手間で実現する方法を紹介します。

手順

全角→半角に変換するASC関数

ASC関数を使えば最小の手間で、全角文字から半角文字に変換できます。

主に英字や()を半角に統一する用途になるでしょう。

ASC関数で半角に統一した例
英字は判別しづらいので全角を赤字にしています

半角→全角を変換するJIS関数

JIS関数を使えば最小の手間で、半角文字から全角文字に変換できます。

こちらは主に記号やカタカナの半角を全角に変換する用途が主となるでしょう。

JIS関数で半角に統一した例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

英単語の操作。先頭のみ大文字に変換(PROPER関数)、大文字に変換(UPPER関数)、小文字に変換(LOWER関数)

英字の大文字・小文字を実施したい場合