Excel IF関数で日付や時刻を判定できない場合の対処方法

2021年11月6日

IF関数で日付の比較を行う場合、同じ日付を指定しているつもりでも

判定結果が一致とならない場合があります。

この記事ではその原因と対処方法を紹介します。

同じ2019/11/12を指定しても一致とならないキャプチャ

原因と対処方法

IF関数側の年月日が日付と認識されておらず

数式の認識で「2019÷11÷12」されているため結果が一致となりません。

これに対処するには日付を何らかの方法でシリアル値として指定する必要があります。

セルで判定

簡単な方法は別途セルを用意し、そのセルに日付を入力することです。

右辺の2019/11/12が日付(シリアル値)として認識されIF関数で日付が一致します。

セルを新たに用意する方法のキャプチャ

DATE関数とTIME関数で判定

DATE関数で年月日を指定すればシリアル値になり、それを比較すれば望んだ判定結果になります。

DATE関数で比較する例

時刻の場合はDATE関数の替わりにTIME関数を使用します。

日時の場合はDATE関数TIME関数の結果を足し算すれば問題ありません。

DATE関数とTIME関数の組み合わせで比較する例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。