Excel IF関数で日付や時刻を判定できない場合の対処方法

IF関数で日付の比較を行う場合、

同じ日付を指定しているつもりでも

判定結果が一致とならない場合があります。

この記事ではその原因と対処方法を紹介します。

同じ2019/11/12を指定しても一致とならないキャプチャ

原因と対処方法

IF関数側の年月日が日付と認識されておらず

数式の認識で「2019÷11÷12」されているため

結果が一致となりません。

これに対処するには日付を何らかの方法で

シリアル値として指定する必要があります。

セルで判定

簡単な方法は別途セルを用意し

そのセルに日付を入力することです。

これにより右辺の2019/11/12が

日付(シリアル値)として認識され

IF関数で日付が一致します。

セルを新たに用意する方法のキャプチャ

DATE関数とTIME関数で判定

DATE関数で年月日を指定すれば

シリアル値になります。

それを比較すれば望んだ判定結果になります。

DATE関数で比較する例

時刻の場合はDATE関数の替わりに

TIME関数を使用します。

日時の場合はDATE関数とTIME関数の

結果を足し算すれば問題ありません。

DATE関数とTIME関数の組み合わせで比較する例

関連記事

年、月、日を指定して日付(シリアル値)を取得(DATE関数)

時、分、秒を指定して時刻(シリアル値)を取得(TIME関数)

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧