Excel 「重複する値を強調」で不等号<>から始まる文字を正常に処理する方法

2020年8月4日

条件付き書式で「重複する値を強調」を行う際に<や>から始まると

文字の大小判定になってしまい値が重複していなくても

重複扱いされてしまう場合があります。

「あいうえお」が重複されていなくても重複されてしまうキャプチャ

この場合の対処法を紹介します。

手順

内部的にCOUNTIF関数を使っているようで、

不等号が大小判定として扱われているためにこの状態が発生します。

これに対応するには「書式ルール」を自分で設定し、

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」で下記のような数式を設定します。

=IF(A1="",FALSE,COUNTIF(A:A,"="&A1)>1)

A1は指定範囲の開始セル、COUNTIF関数の最初の引数は重複チェックの範囲を指定します。

書式ルールのキャプチャ

これにより不等号を大小判定でなく文字として扱う重複判定になります。

不等号始まりで重複無しのキャプチャ
不等号始まりで重複無し
不等号始まりで重複ありのキャプチャ
不等号始まりで重複あり

関連記事

同じ列に重複データがある場合、セル色を変更して検知する方法

マクロ・VBA 重複する値をピックアップする方法(ワイルドカードと不等号対応版)

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧