Excel COUNTIFS関数で不等号を文字列として扱う方法

2020年8月4日

IF付(条件判定付き)の集計関数で先頭に<や>を指定すると大小判定として扱われ

“<〇〇〇>"のような文字列は正常に集計できません。

大小符号でCOUNTIF関数が成功しない例

これが問題になるのは文字列を検索するCOUNTIF関数COUNTIFS関数です。

この記事では不等号から始まる文字列をカウントするための方法を紹介します。

手順

文字列結合で検索条件の先頭に"="を付けると意図通りの集計結果となります。

対応するキャプチャ

以上、以下は「<=、>=」と 右に=なため

最も左に=を添えることで判定の意味のある文字が

最初に=で終わることになり<と>が文字列として扱われているのだと思われます。

関連記事

COUNTIFS関数でワイルドカード(*?)を文字列として扱う方法

SUMIF関数やCOUNTIF関数で「以上」「以下」を指定する方法

「重複する値を強調」で不等号<>から始まる文字を正常に処理する方法

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧