Excel べき乗・乗数表記を行う方法

この記事では下記のように

べき乗表示を行う方法を紹介します。

べき乗表示の例

手順

まず数値でなく文字列として扱う必要があります。

2の10乗を表記する場合は文字列とするために’を入力し

210と数値(2)と指数(10)を続けて記述します。

'210と乗数と指数を続けて入力

次に指数(10)の部分のみを選択して右クリックし

「セルの書式設定」をクリックします。

乗数(10)の部分のみを選択して右クリックし「セルの書式設定」をクリックする図解

「セルの書式設定」が開かれるため、

「文字飾り」より「上付き」を選択します。

「セルの書式設定」の「文字飾り」より「上付き」を選択

これにより指数の小さい表記が完成します。

べき乗の表記が完成した状態のキャプチャ

表記ではなく、べき乗の計算を行う場合は

POWOR関数を使用します。

あるいは演算子の^を使用します。

関連記事

利用頻度の高い演算子一覧と使い方

べき乗の計算を行う(POWER関数)