UiPath ブラウザーを開く アクティビティ

「ブラウザーを開く」はUiPathでWebブラウザを操作する際に

開くURLとブラウザの種類を指定して起動するアクティビティです。

これはWebブラウザを操作する際に最初に使用する必要のあるアクティビティです。

この記事ではその使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

「アクティビティ」、「利用可能」、「UI Automation」、「ブラウザー」より

「ブラウザーを開く」をデザイナーパネルにドロップします。

「アクティビティ」、「利用可能」、「UI Automation」、「ブラウザー」より「ブラウザーを開く」をデザイナーパネルにドロップ

次に開くURLを”で囲んで指定します。

開くURLを"で囲んで指定

デザイナーパネルに展開されると内部に「実行」シーケンスが出来るので

その中にクリックやテキスト読み込みといった、

他のブラウザー操作関連のアクティビティを入れていきます。

なお開いたブラウザは残り続けるため、残す必要がなれば

「ブラウザーを開く」の最後に「タブを閉じる」で消しておきましょう。

プロパティ

共通

共通プロパティ
項目名説明
表示名デザイナーパネル上の表示名を設定します。
開くブラウザが一つの場合は特に変える必要はありませんが、
アクティビティを縮小表示する場合やブラウザーを操作する場合は
どれを対象にしているかを表示名で明示すると後から見たときや、
他の人が見たときに、より判りやすいアクティビティになります。
エラー発生時に実行を継続アクティビティでエラーが発生した場合の挙動を設定します。
Trueにすると処理を継続します。(例外が発生しない)
Falseにすると処理を停止します。(例外発生)
空白の場合Falseの挙動になります。
発生した例外を受け取ってエラー処理を行う場合は
トライ キャッチの中にアクティビティを設置します。

入力

入力プロパティ
項目説明
URLブラウザで開くURLを”で囲んで指定します。
ブラウザーの種類利用するブラウザを指定します。
・IE
・FireFox
・Chrome
・Edge

PCにブラウザがインストールされている必要があります。
またIE以外はUiPathの拡張機能をブラウザに
インストールしておく必要があります。

出力

出力プロパティ

後続の「ブラウザーにアタッチ」で開いたブラウザを使う場合に

UiPath.Core.Browser型の変数を指定します。

そのブラウザーを開くの中で処理が完結する場合は

指定する必要はありませんが、複数のブラウザーを同時に開くような場合では、

このプロパティを設定する必要があります。

初期状態では変数の型に表示されないので型の検索を行う必要があります。

オプション

項目説明
プライベートTrueの場合、シークレットモードで開きます。
新しいセッションTrueの場合、選択したブラウザの新しいセッションを開始します。
通信方法WebDriverを利用するかを選択します。
WebDriverについて知識がなければ
Nativeか空白にしておきましょう。
非表示Trueにした場合、画面に表示せずに実行します。
作成・テスト時はFalse、実用時はTrueを検討しましょう。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事