Power Automate 「新しいファイルが追加されたときに、カスタマイズされたメールを送信」テンプレートの利用方法

2021年11月7日

Power Automateには多くのテンプレートが存在するため

これを探して流用すると効率的にPower Automateを利用できます。

「新しいファイルが追加されたときに、カスタマイズされたメールを送信」は

SharePointの指定のフォルダを監視し、

追加があった際に通知メールを送信するテンプレートです。

この記事では、このテンプレートの使い方を紹介します。

手順

Power Automateの画面の「テンプレート」から

「新しいファイルが追加されたときに、カスタマイズされたメールを送信」を選択します。

下のような画面が表示されます。

フローの接続先は基本的にログインしているアカウントになります。

表示されているアカウントの内容で良ければ、そのまま「続行」をクリックします。

別アカウントのメールやSharePointに切り替える必要がある場合は

「…」ボタンより「新しい接続先を追加」でログイン情報を入力する必要があります。

「When a file is created(properties only)」のプロパティを設定します。

項目説明
サイトのアドレス監視対象のフォルダーが存在するグループです。
ログインユーザがアクセスできるグループが
リスト表示されるので、その中から選択します。
ライブラリ名ドキュメントを選択します。
フォルダー監視対象のフォルダーです。
フォルダマークのピッカーをクリックして選択します。

「保存」をクリックするとフローが保存され、有効化されます。

「保存」をクリック

この状態で指定フォルダ内のファイルが更新されるたびにフローが実行され

ログインユーザのメールアドレスに通知メールが送信されます。

ただしクラウドサーバの待ち時間や連続受信の制御などが入るため

ファイルを追加しても即実行されるとは限りません。

もし動作状況が気になるなら実行履歴を確認しましょう。

フローの停止削除を行い場合はマイフローより行います。

このメールはログインユーザのメールアドレスから送信されます。

事前にメールの内容や迷惑メールにならないかをテストしておきましょう。

Send an email」の宛先プロパティを変更すると

通知メールの送信先を変更することが可能です。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事