Power Automate 「複数の項目を取得(SharePoint)」アクション

2021年1月26日

「複数の項目を取得(SharePoint)」は

指定リストに登録されている全項目(全行)を取得するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します

利用方法

フローにステップを追加する際に「SharePoint」コネクタを選択します。

「アクション」より「複数の項目を取得」を選択します。

「複数の項目を取得」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

最低限、サイトのアドレスとリスト名を指定すれば動作します。

(その場合、登録されている全ての項目を取得)

項目必須説明
サイトのアドレス取得したいリストのあるSharePointのグループを指定します。
リスト名取得したいリストを指定します。
サイトのアドレスを先に指定しておく必要があります。
フィルター クエリ取得する条件を指定します。初期値の空白では全行が取得されます。
今回のサンプルで「名前 eq 'さば’」と指定すると
名前がさばの行のみ取得されます。
ただ、この項目は指定が難しく、以上・以下などの比較が使えないなど
制限が多いため全行取得して条件アクションで
フィルタリングする方が効率的でしょう。
並び替え順並び替える列名を1つ指定します。
初期値の空白ではExcelの並び順で取得されます。
今回のサンプルで「名前 acs」と指定すると名前の昇順(acsは省略可)
「価格 desc」と指定すると価格の降順で取得されます。
上から順に取得最大取得件数です。初期値の空白では全行が取得されます。
処理時間などの都合で件数を制限したい場合に有効です。

動的なコンテンツとして項目の一覧がアレイとして取得されます。

コントロールの「Apply to each」を設置して「以前の手順から出力を選択」に

「複数の項目を取得」アクションの動的なコンテンツのvalueを指定します。

Apply to each」の中で動的なコンテンツとして項目の内容や登録ユーザの情報を取得可能です。

rりりsりすりすtりすとりすとのリストサンプル

関連記事