Power Automate 「メッセージをフロー ボットとしてチャンネルに投稿する(Microsoft Teams)」アクション

「メッセージをフロー ボットとしてチャンネルに投稿する(Microsoft Teams)」は

任意のタイミングでTeamsのチャットに投稿するアクションです。

ログインユーザで投稿する「メッセージを投稿する」と違い

特定のユーザーでない投稿になるため(Flowユーザー)より機械的なメッセージになります。

実用に大きな差はないですが、「メッセージを投稿する」の方が扱いやすいと思われます。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Microsoft Teams」コネクタを選択します。

「Microsoft Teams」コネクタを選択

「アクション」より「メッセージをフロー ボットとしてチャンネルに投稿する」を選択します。

「メッセージをフロー ボットとしてチャンネルに投稿する」ステップが

追加されるのでオプションを設定します。

項目省略時の値説明
チーム省略不可投稿するチームを選択します。
チャネル省略不可投稿するチャネルを選択します。
メッセージ投稿の本文を指定します。
ヘッドライン不明。検証した時にはどこに反映されるのか確認できませんでした。
メッセージを投稿する」の件名と同じと仮定していましたが、
そうではなさそうです。

実行結果はこのようになります。

投稿ユーザーはFlowですが、黒の部分にPowerAutomateのログインユーザーが表示されます。

このFlowユーザーは「ユーザー プロフィールの取得」では検索できません。

このアクションでもTeams関連のトリガーが発生します。

延々とトリガーが起動する状態にならないよう注意が必要です。

関連記事