Power Automate 「タスクの削除(Planner)」アクション

2021年2月28日

「タスクの削除(Planner)」は既存タスクを削除するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Planner」コネクタを選択します。

「アクション」より「タスクの削除」を選択します。

「タスクの削除」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目省略時の値説明
タスク ID省略不可削除するタスクを選択します。
コネクタのログインユーザーが担当者として
割り当てられているタスクが表示されます。

現在、コネクタのログインユーザが参照できるタスクの一覧が表示されますが、

タスクは基本的に短期で完了して入れ替わるものであり

固定のタスクを指定し続けることは希であると考えられます。

よって現実的にはトリガーやアクションの動的なコンテンツで

タスク IDを取得して指定することが多いでしょう。

それには「カスタム値の入力」を選択してから動的なコンテンツを指定します。

これによりトリガーの反応したタスク条件次第で削除したり、

タスクを一覧表示します」アクションで複数のタスクを取得して

特定に合致するタスクを削除するような動きになるでしょう。

関連記事