Power Automate Desktop 「ファイルの名前を変更する」アクション

2021年5月8日

指定の一つまたは複数のファイルのファイル名を変更するアクションです。

拡張子を意識した操作、日付・連番付与など

地味ですが、非常に便利なアクションです。

利用方法

「アクション」の「ファイル」より「ファイルの名前を変更する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

名前を変更するファイル

ファイルを指定すると1つのファイル、フォルダーを指定するとその中のファイル全てが対象になります。

リスト変数で指定する場合、複数のファイルが対象になります。

ディレクトリのアイコンもありますが、現状では機能しません。

(*で指定しても不可)

名前の変更の方法

新しい名前を設定する
パラメータ説明
新しいファイル名変更後のファイル名を指定します。
「拡張子を保持する」がONの場合、拡張子より前の部分を指定します。
「拡張子を保持する」がOFFの場合、拡張子も含めて指定します
拡張子を保持するONの場合、拡張子より前のみを変更します。

ほぼ一律で同じファイル名に変える設定のため、一つのファイルが対象の場合向けの設定です。

テキストを追加する
パラメータ説明
追加するテキストファイル名に追加するテキストを指定します。
以後のパラメータで、どの部分に追加するかを指定します。
拡張子を保持するONの場合、拡張子より前の部分のみを変更します。
テキストを追加する「操作後の名前」場合、ファイル名の後ろに追加します。
(拡張子の前後は「拡張子を保持する」次第)
「操作前の名前」場合、ファイル名の先頭に追加します。

テキストを削除する

パラメータ説明
削除するテキストファイル名から削除するテキストを指定します。
該当テキストを含まない場合は何も行いません。
大文字小文字は区別されます。
テキストを置換する
パラメータ説明
置換するテキストファイル名から置換するテキストを指定します。
該当テキストを含まない場合は何も行いません。
大文字小文字は区別されます。
置き換え先のテキスト置換後のテキストを指定します。
拡張子を変更する
パラメータ説明
新しい拡張子変更後の拡張子を指定します。
元の拡張子は問いません。
日時を追加する
パラメータ説明
カスタム日時を使用しますON、OFFで追加する日時が異なります。
追加する日時<ON>
日時の変数や固定値を指定します。

<OFF>
以下から選択します。
・現在の日時
・作成時間
・最終アクセス日時
・最終変更日時
日時を追加する「操作後の名前」場合、ファイル名の後ろに追加します。
「操作前の名前」場合、ファイル名の先頭に追加します。
区切り記号ファイル名と日付の間に挟む文字を指定します。
・なし
・スペース
・ダッシュ
・ピリオド
・アンダースコア
日時の形式日時の形式を指定します。
初期状態のyyyyMMddでは年月日になります。
連番にする

基本的に複数のファイル用です。

リストに登録されている順に連番を付与します。

パラメータ説明
開始番号最初の番号を指定します。
主に0か1ですが、ファイルなどに最終番号を保存しておくのも有効です。
テキストを追加する「操作後の名前」場合、ファイル名の後ろに追加します。
「操作前の名前」場合、ファイル名の先頭に追加します。
増分ファイルのカウントアップする量を指定します。
主に1を指定することになるでしょう。
カウントダウンは負数を指定します。
区切り記号ファイル名と連番の間に挟む文字を指定します。
・なし
・スペース
・ダッシュ
・ピリオド
・アンダースコア
パディングを使用します。連番が桁数に満たない場合、0で埋めます。
桁数は「各番号の最小長」で指定します。
各番号の最小長連番の桁数を指定します。
3を指定した場合、001、002、003…のようになります。

ファイルが存在する場合

名称変更後に同一ファイル名がある場合の挙動(「何もしない」か「上書き」)を選択します。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。この変数名は変更可能です。

このアクションを複数設置する場合は、どんなファイルかを示す名前に変更推奨です。

もし利用しない変数があれば、OFFにすること推奨します。

(インスペクタのフロー変数に不要な変数を増やさないため)

RenamedFiles

名称変更されたファイル情報リストで格納されます。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「ファイル」の使い方の記事一覧