Power Automate Desktop フォルダー(変数のデータ型)

Power Automate Desktopではフォルダーを固有のデータ型の変数として扱います。

利用方法

フォルダーを取り扱うデータ型は以下のアクションで取得されます。

フォルダー型変数はそのままファイル指定に利用できます。

.区切りでプロパティを指定するとフォルダーの付属情報を取得できます。

次の例ではフォルダー内のファイル数を取得します。

プロパティ一覧

プロパティ並び替え基準での表記説明
.FullName氏名フォルダーのフルパス。プロパティなしの場合、フルパスと同様に扱われます。C:\test\Test2
.Name名前フォルダー名Test2
.Parent親フォルダーフォルダーが格納されているフォルダーC:\test\
.RootPathルートパスフォルダーのルートパスC:\
.CreationTime作成時間フォルダーが作成された日時日時
.LastModified最終更新日時フォルダーに最後にアクセスした日時日時
.IsHidden非表示であるフォルダーが非表示の場合はTrue、フォルダーが表示されている場合はFalseTrue または False
.Exists存在するフォルダーが存在する場合はTrue、フォルダーが存在しない場合はFalseTrue または False
.IsEmpty対応なしフォルダーが空の場合はTrue、フォルダーが空でない場合はFalseTrue または False
.FilesCountファイル数フォルダー内のファイル数整数
.FoldersCountフォルダー数フォルダー内のフォルダー数整数

関連記事

「フォルダー」の使い方の記事一覧