Power Automate Desktop「Outlook を起動する」アクション

「Outlookの起動」アクションはインストールされているOutlookを起動するアクションで

Outlookを自動操作する際に最初に設置する必要があります。

利用方法

「Outlook」の「Outlook を起動する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。

OutlookInstance

その後のアクションで開いたOutlookを指定するための変数です。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「Outlook」の使い方の記事一覧