Power Automate Desktop URLパラメータのみにする方法

URLからGETパラメータ以外を削除する方法を紹介します。

URLパラメータを削除する方法」の逆です。

手順

URLパラメータは?から始まるため、そのルールを利用します。

フロー全体図

テキストの解析」アクションで?の位置を検索します。

このアクションはもう一つ設置するので生成された変数の名前を「PositionQuestion」に変えています。

項目設定値
解析するテキストパラメータを削除するURL
検索するテキスト?
正規表現であるOFF
解析の開始位置0
最初の出現箇所のみON

次に「テキストの解析」アクションで#の位置を検索します。(アンカーの位置)

生成された変数の名前を「PositionSharp」に変えています。

項目設定値
解析するテキストパラメータを削除するURL
検索するテキスト#
正規表現であるOFF
解析の開始位置0
最初の出現箇所のみON

次に「If」を設置してURLパラメータ(?)がない場合にエラーしないように制御します。

URLパラメータ(?)が確実に入るようなケースでは必要ありません。

項目設定値
最初のオペランド%PositionQuestion%
演算子以上である(>=)
2番目のオペランド0

If」 の中に更に 「If」 を設置してアンカーがない場合も考慮します。

項目設定値
最初のオペランド%PositionSharp%
演算子以上である(>=)
2番目のオペランド0

二つ目の 「If」 は「Else」を追加して下のような状態にします。

二つ目の 「If」の中にそれぞれ「サブテキストの取得」を設置します。

項目設定値
元のテキストパラメータを削除するURL
開始インデックス文字の位置
文字の位置%PositionQuestion + 1%
長さ文字数
文字数%PositionSharp – PositionQuestion – 1%
一つ目の「サブテキストの取得」の設定値

2つめは生成された変数名が初期状態で変わってしまうので、

1つめの変数名と合わせます。

項目設定値
元のテキストパラメータを削除するURL
開始インデックス文字の位置
文字の位置 %PositionQuestion + 1%
長さテキストの末尾
二つ目の「サブテキストの取得」の設定値

このフローを実行すると「サブテキストの取得」の生成された変数(%Subtext%)に

パラメータの削除されたURLが設定されます。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧

URLの一般的なルール

URLパラメータをデータリストに変換する方法