Power Automate Desktop URLパラメータをデータテーブルに変換する方法

2021年11月14日

URLのGETパラメータをデータテーブルに展開する方法を紹介します。

手順

最初に「URLパラメータのみにする方法」を実施します。

その結果に対してフローを追加します。(URLパラメータのみにする部分は、ここでは省略)

Excelの起動」を設置して「空のドキュメントを使用」で空ブックを作ります。

Excel ワークシートに書き込み」を2つ設置して作成した空ブックの1行目を作ります。

書き込む値は列名になります。KeyとValueとしていますが任意です。

項目1つめの設定値2つめの設定値
書き込む値KeyValue
書き込みモード指定したセル上指定したセル上
12
11

「変数の設定」を設置してLowCounterを作成し、初期値を2に設定します。

テキストの分割」を設置してURLパラメータを&で分割します。

テキストの分割」は、もう一つ設置するため変数名は変更しておきます。

(例では%TextList_Ampersand%)

項目設定値
分割するテキストURLパラメータ
区切り記号の種類カスタム
カスタム区切り記号&
正規表現であるOFF

For each」を設置して、 URLパラメータを&で分割した結果を指定します。

For each」の中に「テキストの分割」を設置して、

&で分割した結果(例では%TextList_Ampersand%) を更に=で分割します。

生成された変数名は例では%TextList_SplitEqual%とします。

項目設定値
分割するテキスト &で分割した結果(例では%TextList_Ampersand%)
区切り記号の種類カスタム
カスタム区切り記号=
正規表現であるOFF

続いて「For each」の中に「Excel ワークシートに書き込み」を2つ設置します。

項目1つめの設定値2つめの設定値
書き込む値%TextList_SplitEqual[0]%%TextList_SplitEqual[1]%
書き込みモード指定したセル上指定したセル上
12
%LowCounter%%LowCounter%

続いて「For each」の中に「変数を大きくする」を設置して1ずつカウントアップします。

For each」のフローは完了です。↓のようなフローになります。

For each」 の外に「Excel ワークシートから読み取り」を設置して次のように設定します。

項目設定値
取得セル範囲の値
先頭列1
先頭行1
最終列2
最終行%LowCounter – 1%
範囲の最初の行に列名が含まれていますON

最後に「Excelを閉じる」でブックを閉じます。保存の必要は基本的にありません。

このフローを実行すると「Excel ワークシートから読み取り」の

生成された変数(初期設定では変数名ExcelData)の中に

データリストになったURLパラメータが格納されます。

例として「https://blog-tips.sekenkodqx.jp/?test1=123&test2=456&test3=789#abc」を

対象に実行すると次のようなデータテーブルになります。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧

URLの一般的なルール