Power Automate 「replace」関数

2022年4月17日

replaceはPower Automateの式に使用する関数で、

テキストを検索し、一致すればその部分を置換する関数です。

ExcelのSUBSTITUTE関数に近い機能です。

仕様

replace('<text>', '<oldText>', '<newText>')
引数省略時の値説明
text省略不可元のテキスト
oldText省略不可置換前のテキスト
newText省略不可置換後のテキスト
各引数の詳細

利用方法

replace関数はテキストのパラメーターに使用します。

その後のアクションで結果を使用するために、

種類が「文字列」の変数の初期化か設定の際の「値」の中でも頻繁に利用されます。

「式」タブ、replaceをクリックすると関数名と()が数式欄にセットされます。

そしてテキストを’で囲んで指定します。

動的なコンテンツや変数を利用する場合は特殊な指定を行います。

動的なコンテンツを式で取得する方法

次のような表示になれば設定完了です。

この紫のアイコンをクリックすると関数を変更可能です。

例のように replace('あいうえおあいうえお’,’うえ’,’ue’) とすると

結果は あいueおあいueお になります。

1つめのテキストの中で、2つめのテキストに一致する部分を全て、

3つめのテキストで置換します。

関連記事

活用例

CSVファイルを読み込む方法

文字列関数の記事一覧